子供

夫のフットサルチームのバーベキューに参加してきました。
東京の奥の方。
東京も奥の方に来ると、こんな所があったんだー。
といういい感じの田舎で。
いいなーってなります。
なんて都会人ぶってますが、バリバリの静岡県民の私。
いいなーっていうか、帰ってきたなーと思うのが正直なところ。
都会が大好きですが、やっぱり根っこは田舎の子だなーと改めて思います。
でも、夫のチームメイトが連れてきたちびっ子たちは違いました。
新宿に住んでるバリバリ都会っ子のちびっ子たち。
自然は新宿御苑で触れ合ってるというバリバリ都会っ子のちびっ子たち。
本物の田舎に大興奮でした。
バーベキューの間は、そのちびっ子たちとほとんど一緒に遊んでいました。
1才と4才。
本当に可愛い兄妹でした。
もううちの子なんじゃないかしら?
っていうくらい、私と夫とちびっ子で遊んでいて。
なんでしょう。
始めて、子供がいるっていうのもいいもんだねー。
って思いました。

私は今までそんなに積極的に子供が欲しいとは思っていませんでした。
結婚して気付けば8年。
30後半。
もう子供はいない人生なんだろうなー
と諦めています。
そして不妊治療してまで子供が欲しいかといえば、そうでもないかなー
と今まで放置していました。
が、ここに来て初めて子供は可愛いと気付いた私。
ちょっとだけ心が揺らいだ瞬間でした。

でもね。
また元の生活に戻って。
仕事に遊びに趣味にと忙しくなって。
普段どおりの生活に戻ると、まぁ、このままでいっか。
ってなっちゃうんですけどね。
ま、今回のこの気持ちの変化は忘れる事にしましょう。http://www.xn--ldry53fcyatvt73b.com/

ウドの大木

仕事場に行く間でのバスで、季節の草花を目にします。いまはアジサイ。それに山百合も咲きはじめました。緑がまだ深くなくて新鮮で、いい感じ。真夏になると、緑が濃くなりすぎて、山が重くなるのです。
そんななかで、一本の木が。幹もそう太くなく、枝を広げていますが、なんだか中途半端。花が枯れてそのまま枝先にぶら下がっています。なに、これ?ああ、ウドだ、−。気づいてビックリです。
春先、真白い綺麗な花がさいている木があって、ウドだ、と分かりました。で、この場所を覚えといて、春いちばんに採りにこよう、と思っていたのです。でもウドをそれほど食べた記憶がないので、意識から消えてました。
そして、久しぶりに気がつけば、なんとまあ、こんなに大きくなちゃって。で「ウドの大木」なのですね。こんなに大きくなっては、とても食べられない。かといって木材にもほど遠い。全く、ということでしょうか。
でも、たぶんここに、また来年、ウドの若芽がでるでしょう。それは、大木が花を咲かせてくれたおかげですよね。盛りを過ぎた物が役に立たないように見えて、じつは必要なものだ、ということではないですか。
自分のその時の損得勘定だけで判断したら、損する事になるのかもしれない。昔、やたら大きくて「ウドの大木」と言われた私は、そこで溜飲を下げるのですよ。cm-caching.com